エムスリーキャリアが扱う案件では退職金のある求人が多い?

官公署関係の医療機関ですと大部分が職種や等級に応じた退職金制度を設けておりますが一般の医療機関は退職金制度を設けているかどうかはまちまちのようです。

 

民間の医療機関全体について退職金制度の有無を調査した統計は、私が調べた限りでは見当たりませんでした。参考までに東京都が実施した都内の企業で従業員300人未満の中小企業ですと約8割強が退職金制度を設けていました。

 

この数字がそのまま中小の医療機関に当てはまるとは考えられませんが、近年の傾向としては、不足している医師の定着を図るために、中小の医療機関でも退職金制度の設置に向けて取り組もうとする傾向があるようです。

 

専門職の最高位にある医師は、勤務形態の特殊性や定着性などの問題が背景にあるものと思われますが、退職金の問題について語られることは少なく、転職する場合でも、個人のプライオリティによって異なることはありますが、やはり真っ先に関心が集まるのは年収アップの問題ではないかと思われます。このため、エムスリーキャリアのコンサルタントは、年収アップについては、周到な準備をして代行交渉しますが、退職金についてはどうでしょうか?

 

エムスリーキャリアのWeb上では、公開募集をしている医療機関については登録しなくても検索して勤務条件等の欄を調べれば分かりますが、予想よりも多くの医療機関が退職金制度を設置しているようです。エムスリーキャリアに登録すれば、非公開案件も見ることができます。

 

しかし、転職の条件として「退職金」の問題が大きな比重を占めているのであれば、登録をした上で、電話を使ってコンサルタントに直接問い合わせることをお勧めします。エムスリーキャリアはクライアントである医療機関の詳細な情報を把握していますので、退職金の問題についても親身になって相談に乗ってくれます。仮に希望する転職先の医療機関が退職金制度を設けていない場合でも、福利厚生の一環として交渉のテーブルに乗せ頑張ってくれます。

医師の転職ならエムスリーキャリアで

医師の転職ならエムスリーキャリア


医師の転職ならエムスリーキャリア